ハローワークへ雇用保険の申請に出かける

雇用保険の申請のため、ハローワークへ行く。新型コロナの影響で、三密が心配であったが、失業保険の申請は、必要かつ緊急なものです。

案の定、三密どころではなく、人であふれている。

受給手続きのながれ

まず、受給の手続きの大きな流れは、下の図のようになります。

今日は、求職申込みと受給資格の決定までの手続きを行いました。

受付

ハーローワークへ、9時30分ごろに到着すると、予想通り、混雑している。受付で「給付手続きをお願いします」と言い、離職票−1、離職票−2を渡して、アンケート用紙に記入する。

609番の番号札を受け取り、番号が呼ばれるのを待つ。

三密にならないように、席の間隔を開けて待つが、100番台、700番台・・などいろいろあり、600番台は、なかなか呼ばれない。

本登録、受付票取得

待つこと30分、職業相談というブースでお呼びがかかる。

ここでは、求職申込の本登録窓口となっている。事前に自宅で仮登録してあったものを確認するだけでした。

確認項目

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. 希望就業形態
  6. 希望する仕事
  7. 希望勤務時間
  8. 希望勤務地
  9. 希望賃金
  10. 学歴
  11. 免許、資格
  12. 経験した主な仕事
  13. 自己PR

最後に「ハローワーク受付票」をいただく。次回以降、この受付票が、今後提示する必要がある。また、インターネットの求人システムへアクセスIDが記入されている。とても大切な書類である。

雇用保険申請

最後に雇用保険申請とその説明を受ける。

待つこと、40分、雇用保険申請ブースで呼ばれた。

「雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり」を元に、電光石火の説明が開始される。

給付日数

被保険者であった期間10年未満10年以上
20年未満
20年以上
全年齢90日120日150日

私は、150日という説明を受ける。

基本手当の日額

賃金日額(円)給付率基本手当日額(円)
2,500円以上5,010円未満80%2,000円〜4,007円
5,010円以上11,090円以下80%〜45%4,008円〜4,990円
11,090円超15,890円以下45%4,990円〜7,150円
15,890円(上限額)超7,150円

在職中の賃金が低い方が、基本手当は、多くなる仕組みとなっている。

月収400,000円の場合、400,000円➗20=20,000円となり、失業保険支給額は、7,150✖️30=214,500円となる。214,500円➗400,000円=約53%となります。

少ないですね、生活できるレベルではないため、1日も早く、仕事を見つけようという気になりますね。(これが狙い??)

私は、上限額の7,150円という説明を受ける。

給付期間

5月26日(受給資格認定日)・・・本日

6月1日(待期満了日:7日)・・・定年退職は、7日となる。

6月2日(待期満了日の翌日)

6月15日(最初の認定日の前日)

6月16日(最初の認定日)

待期(7日)は、仕事をしてはいけない。支給対象は、6月2日〜6月15日となります。

失業認定とは、原則として4週間(28日)に1回の指定された日(失業の認定日)に、ハローワークへいき、失業の状態であったことを申告することです。申告に当たって、「失業認定申告書」にて申告します。

失業認定申請書には、仕事をしたかどうか、求職活動をしたかどうか、を主に記入するようですが、新型コロナにより、雇用保険説明会が中止となったため、書き方がよくわかりませんでした。これは、少し困ったものです。

雇用保険説明会の動画をYouTubeで視聴するように説明があった。(40分)

基本手当を受給されるみなさまへ(令和2年3月19日~)

再就職手当

所定給付日数を残して、就職すると、再就職手当の支給を受けることができます。1/3以上残した場合、支給残日数6割✖️基本手当、2/3以上残した場合、支給日数7割✖️基本手当の支給を受けます。

ただし、要件があります。

  • 1年を超えて勤務する
  • 待期満了日後の就職
  • ハローワーク等許可、届出のある職業紹介事業者等の紹介
  • 就職前の事業主に再び雇用されていないなどなど

例 基本手当 7,150円 給付日数 150日 100日目就職した場合
  4,990円✖️50日✖️6割=149,700円・・・再就職手当

窓口相談員さんからは、再就職は、早い方がお得です。頑張ってくださいとアドバイスを受ける。

何も求職活動を行っていないが、再就職先などないような気がしてならない。

次回までにやること

6月16日の認定日に向かって、求職活動を実施すること。その結果を失業日程申告書に記載すること。の2点です。まずは、ハローワークの求職情報を確認することからスタートです。

タイトルとURLをコピーしました