高齢者病気「脳血管疾患」

老後の心配ごとの一つに病気があります。内閣府の調査によれば、65歳以上の高齢者に多い病気は、「脳血管疾患」、「悪性新生物(がん)」、「高血圧性疾患」となっています。

脳血管疾患

脳血管疾患とは、脳の血管のトラブルによって、脳細胞が破壊される病気の総称です。脳の血管が破れて出血することから起こるものと、脳の血管が詰まることによって脳への血流が悪くなり、脳細胞が酸素不足・栄養不足に陥るものとがあります。

代表的なものとして、前者は、「脳出血」、「くも膜下出血」。後者は、「脳梗塞」があります。

なぜ、怖い

脳血管疾患が、怖いのは、突然死となるか、突然死にならなくても、重い後遺症が残ることです。親父は、脳梗塞を発症して、左半身に後遺症が残りました。本人は、「足が痛いわけではないのに、歩けないことがつらいと言っていました。」

原因

脳血管疾患には、誘因となる危険因子があります。また、運動不足や多量の飲酒、ストレス、睡眠不足などの生活習慣が脳血管疾患の引き金となります。

  • 動脈硬化 
  • 高血圧 
  • 高血糖 
  • 脂質異常 
  • 内臓脂肪型肥満 
  • 不整脈

脳血管疾患を予防するには

これらの危険因子は、生活習慣病の一つです。減塩や栄養バランスのとれた食事を心がけ、禁煙、節酒、適度な運動を習慣にするなど、生活習慣を改善すれば、予防できる可能性があります。健診で高血圧、糖尿病、脂質異常症、不整脈の指摘された場合は、これらの病気の治療をすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました