スポンサーリンク

親父、知らぬ間に、肋骨を折る

両親を病院へ連れて行くのが、私の日課である。毎月、3ヶ月毎、1年毎など持病の治療へ連れて行く。それ以外に、高齢になってくると、あちこちに、ガタがきます。

背中が痛い

先週の土曜日、親父が、背中が痛いと急に言い出す。聞くと、朝から痛かったそうだ。土、日は、病院は、休診しているので、救急医療センターに連れて行くことになる。救急医療センターは、外科、内科、小児科を担当している。

センターには、ぎっくり腰の女性、右足首の骨折した男性、ドアに指を挟んだ女性、発熱している子供が、治療を待っているところだった。

診察結果は、

胸のレントゲンを撮影した結果、問題ないので、「肋間神経痛」との診察結果、痛み止めを2日分処方された。様子を見るというやつです。

肋間神経痛とは、肋骨の間に通っている「肋間神経」が何らかの影響によって刺激され、上半身に痛みが出る症状です。上半身の左右どちらかに痛みが出ることが多いことも肋間神経痛の特徴です。

かもしも治療院HPより

肋骨が折れている

日、月、様子を見たが、背中の痛みは、取れず当初は、左側だけと言っていたが、右側の背中も痛いというので、整形外科へ連れて行くことにした。整形外科では、レントゲンを取ると、肋骨が折れているとのことでした。

びっくり・・・、土曜日には、問題ないと言っていたが。確かに、レントゲン写真を見ると、肋骨が折れているような線が入っている。肋骨が折れているにしては、胸が痛いと言わないのが不思議だ。肋骨が折れたことで、肋間神経が刺激されて痛みが、背中に出たのだろうか。

整形外科の診断は、肋骨の骨折による痛み。痛みは、2週間ほど続く。その後は、回復する。骨折は、自然につくとのことだった。2週間、様子を見ることにした。処方されて薬は、ロキソニン+胃薬でした。

骨が折れるような心当たり・・・、そういえば、前の日、家の中で、尻餅をついていたことがあった。尻餅が原因だろうか。歳をとると、骨粗鬆症という病気になり、骨が脆くなると聞きました。そういうことなんでしょうか。

快方に向かって

病院へ行き、5日経ちましたが、痛いということを言わなくなりました。少しは、良くなってきているのでしょうか。痛み止めの副作用として、ロキソニンを飲むと、血圧が上がるようです。びっくりするように血圧が上がっています。血圧は、ロキソニンを飲む前に測定しましょう。

タイトルとURLをコピーしました