田舎町でも第5波、新規感染者爆発中

新型コロナの新規感染者は、爆発的に増加している。田舎にある我が街も、過去最高の新規感染者を更新中である。

田舎町の新規感染者推移

8月、新型コロナ新規感染者数は、過去最高を更新している。10万人当たり新規感染者の人数も、ステージ4のレベルを越えた。新規感染者数の増加は、凄まじいものがある。

ブレークスルー感染

水ぼうそう並みに感染力が強い、新型コロナウイルスの「デルタ株」、ワクチン先進国でも2回の接種完了後、陽性となる「ブレークスルー感染」が相次いでいる。我が街のデルタ株の比率は、発表されていないので、わからないが、間違いなく「デルタ株」の影響だろう。

新規感染者の情報不足

行政では、日々の新規感染者数だけを報告される。デルタ株の比率、ワクチン2回接種した人の感染者数、感染経路の統計データなどが開示されていない。これでは、新規感染者の数字の上げ下げで、ただただ、不安になるだけである。

行政は、市民のために何ができる

市町村レベルで、もっと情報を開示してほしいと、市役所窓口にお願いしたところ、保健所を管轄するのが県のため、市役所には、データーがないとの回答でした。これでは、市民レベルの行動を変えようにも、何もできないのである。これでいいのか??

結局お役所縦割り行政

新規感染者は、増えていく中、保健所の管轄が、県がやっている。市町村は、わからない。まさに、縦割り行政である。市町村は、県におまかせで、自ら何かやろうというわけでもない。

熱海市の土石流の推定原因とされている盛り土と同じ、県、市ともに何もアクションを取らずに、被害を拡大させた。ここでもお役所仕事。

市町村は、感染者の分析をして、市民に、具体的にどのような行動をとればいいかの情報発信が欲しい。

まとめ

全国で、感染が爆発している。コロナのトンネルは、ワクチンを接種することで、年内中には、抜けられるはずだった。デルタ株の感染力と我々の行動遵守のゆるみ=オリンピックにより、出口が全く見えなくなった。人類とウイルスの戦いは、ウイルスが優勢である。

ウイルス変異と新型ワクチンとのイタチこっごが始まる。ウイルスをブレークスルーする手立てがないと、人類は、疲弊していき、医療崩壊、経済危機、その先には、国家間の争いにまで発展するかもしれない。人類存亡の危機は、比較的早くやってくるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました