マイナンバーカードを1ヶ月でゲット

特別給付金の支給方法の一つとして、最近話題になりました、マイナンバーカード。申請していたマイナンバーカードが出来上がり、受け取りに行ってきました。

マイナンバーカード受け取り

マイナンバーカードの申請は、スマホからの申請、郵送の二つがあります。5月17日に申請して、約1ヶ月で、マイナンバーカード交付通知書が届きました。

マイナンバーカードは、市役所の市民課の専用窓口で受け取ることとなります。

持ち物

  • 交付通知書
  • 通知カード
  • マイナンバーカード・電子証明書設定暗証番号記載票
  • 身分証明書

マイナンバーカード・電子証明書設定暗証番号記載票には、署名用電子証明書用の暗証番号と、マイナンバーカード、券面事項入力補助用、利用者証明用電子証明書の暗証番号を記入します。

署名用電子証明書の暗証番号は、確定申告に、その他は、証明書の交付に使うようです。

暗証番号の種類暗証番号の使いみち
署名用電子証明書インターネット等で行政手続きを行う際の本人確認に利用する
マイナンバーカード用(住民基本台帳用)転入等において、住基ネットでの本人確認を行うための暗証番号
券面事項入力補助用電子申請において、個人番号や基本4情報を参照するための暗証番号
利用者証明用電子証明書コンビニ交付やマイナポータルを閲覧する際などに利用します。

窓口での対応

受け取りについては、事前に担当窓口に連絡をして、受け取り日時を決決めておきます。

窓口では、交付通知、通知カードを渡し、身分証明書のコピーを取り、暗証番号記載票を元に、窓口で、自ら暗証番号を設定します。

利用に関して、簡単な説明を受けます。

マイナンバーカード利用案内

できること

身分証明書、税金や年金のなどの手続き、保険証(2021年3月より)、コンビニでの住民票・戸籍・印鑑証明・課税証明書の取得、確定申告や子育てなどの行政手続き、マイポイントで買い物(2020年9月)

有効期間

発行から10回目の誕生日、更新手続きは、住民登録のある市区町村の窓口

電子証明書の有効期間は、発行の日後5回目の誕生日、更新は、マイナンバーカードと同じです。

注意事項

引越し、婚姻などで、住所、氏名が変わる時の手続きを忘れずに行うこと。

紛失時には、機能の一時停止の行うこと

カード再発行は警察などへ「遺失届」消防署など発行される「罹災届」が必要となりますので、とても面倒です。

電子証明書設定暗証番号は、3回、電子証明書は、5回、誤って入力すると、ロックがかかります。ロックの解除は、市区町村の窓口でしかできません。

まとめ

運転免許証がない両親の身分証明書として、マイナンバーカードを作成しました。これで写真付きの身分証明書を持つことができたことで、保険証+αで身分を証明する必要がなくなりました。

また、2020年9月に予定されているマイポイントへの対応や、住民票の取得も、わざわざ市区町村の窓口まで行かなくてすむだけではなく、100円安くなります。

今後は、アフターコロナの事務処理のリモート化として、マイナンバーカードの利便性が増すでしょう。

タイトルとURLをコピーしました