マイナポイントの申請はたった5分

9月から、「マイナポイント」が開始されます。マイナポイントって、何??

マイナポイントHPより

25%分のポイントがゲットできるという総務省のマイナンポイントを活用した消費拡大の政策である。

マイナポイント事業
「マイナポイント事業」のサイトです。本事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。

マイナポイント取得のガイド

  1. マイナンバーカードの取得
  2. 利用する電子マネー、クレジットカードを決める
  3. マイナポイントの予約・事前申込をする

マイナンバーカード取得

スマホからの申請は、とても簡単です。はがきでの申請は、写真の準備が少し面倒です。申請より、申請後カードが届くまで時間がかかることと、カードを受け取りに出かけるのが面倒、郵送されないのです。

老後の身分証明書=マイナンバーカード手に入れても損はありません
郵便局で振り込みできず先日、お袋の代わりに、郵便局で13万円の送金の手配をする。本人と私の本人確認証がないと手続きができないそうだ。本人確認証とは、たとえば、運転免許証、マイナンバーカードなどであるが、残念ながら、...
マイナンバーカードを1ヶ月でゲット
特別給付金の支給方法の一つとして、最近話題になりました、マイナンバーカード。申請していたマイナンバーカードが出来上がり、受け取りに行ってきました。マイナンバーカード受け取りマイナンバーカードの申請は、スマホからの申請、郵送...

利用する電子マネー、クレジットカードを決める

日常使っている電子マネー、クレジットカードを選択することになる。一人に対して、一つしかサービスを選べません。

サービスにより、25%分のポイントに、独自のポイントが付加されるものもあります。たとえば、Waonカードでは、10%分のポイントが上乗せされる。上限2万円で、5000ポイントが、7000ポイントとなる。

主な決済サービスの上乗せポイントをまとめてみました。サービスにより、バラバラで、ポイントが付加される条件も異なります。決済サービスのHPを必ずチェックする必要があります。

決済サービス上乗せ特典
ゆうちょPay2000ポイント
auPAy1000ポイント
LinePay特典クーポン15枚
d払い2500ポイント
FamiPay500ポイント
PayPay抽選100万円ボーナス
Suica1000ポイント
WAON2000ポイント
nanaco500ポイント
住友カード100名抽選10,000ポイント
イオンカード2000ポイント

私の場合は、クレジットカードは、Amazonゴールドカードを使っています。Amazonゴールドカードは、住友系のカードですが、マイナポイントの対象外です。この点が要注意です。

マイナポイントを予約・事前申込

どのサービスを使うかを決めたところでマイナポイントを予約・事前申込みを行います。ここで必要となるのが、マイナンバーカードと4桁パスワードと決済サービスIDとセキュリティコードです。

スマホ、PC、マイナポイント手続きスポットの3つの方法で、申込ができます。

私は、スマホで、PAYPAYを決済サービスとして申込を行いましたが、5分もかからずに完了しました。思った以上に簡単でした。また、WAONカードの申込(両親分)を、市役所の手続きスポットで行いました。手順書が、掲載されていて、その通りPCを操作することで、こちらも簡単にできました。市役所の職員の方が親切に教えてくれるので、高齢者でも申込ができます。

マイナポイントをもらうならPayPayがおすすめ! - PayPay
マイナポイントにPayPayを登録すると残高チャージかお支払いでマイナポイントとして上限5,000円相当のPayPay残高がもらえちゃう!マイナポイントはPayPayで!

まとめ

9月のマイナポイント実施の準備は、完了しました。いくらポイントがつくからと言って、普段使わない決済サービスを無理に選ぶと、使うことがストレスとなるので、やめた方がよいでしょう。わざわざカードを使うために、無駄遣いをしては、本末転倒です。

タイトルとURLをコピーしました