スポンサーリンク

雨の合間の白菜の植え付け

白菜の定植(苗床から畑に移して本式に植えること)を行いました。台風の影響で、定植できずに、郷愁60日の苗は、苗が育ち過ぎてしまいましたが、雨の合間を縫って、なんとか終えることができました。

郷愁60日

9月21日、103本の苗の植え付けを行いました。見てわかるように、葉っぱが大きく育ち過ぎています。ぐったりしたように見えますね。

苗床の白菜は、手間に白菜が見えているのは、郷愁60日の苗床です。おひたしにして食べます。とても美味しいです。

9月22日植え付け

郷愁90日

こちらは、9月13日と郷愁60日より、1週間ほど早く70本植えました。苗としては、ちょうど良い大きさでした。奥側の2列は、苗が準備できなかったので、後日植え付けとなりました。

9月13日以降、雨が降らず、こちらの白菜は、定植後、3日、毎朝、水やりを行いました。

郷愁90日 2022年9月13日

9月21日現在は、下の写真のように育ちました。一番奥には、追加分で、22日に定植しました。2本ほど、枯れてしまいましたが、他は、今のところ問題なしです。

郷愁90日 2022年9月13日

最新の畑の作付け状況

9月は、落花生の収穫(No1)、トマトの片付け(No2)、白菜の植え付け(No5,No6)、大根(No4)の種まき等を行いました。

定植時の害虫対策

定植時には、オルトランDXを混ぜ込みました。

オルトランDXとは、浸透移行性の殺虫成分を2種類配合。土にばらまくだけで植物に吸収され、植物全体を害虫から守る予防的効果※が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。(※殺虫効果の長い残効性を指す)

これで、初期の害虫対策になるかと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【農薬】住友化学園芸 オルトランDX粒剤 1KG
価格:1127円(税込、送料別) (2022/9/23時点)


まとめ

台風、長雨により、白菜の植え付けに一部遅れがありましたが、植え付けを終えることができました。今後は、白菜は、追肥、消毒などの面倒見が必要となります。また、かぶを作る予定でしたが、10日ほど遅れています。来週、雨が上がったところで、かぶの種まきをする予定です。

タイトルとURLをコピーしました