学生時代の国民年金未納分のリカバリー

平成3年4月から学生は、国民年金への加入が義務づかられた。私は、学生時代、国民年金に未加入であった。具体的には、24歳から就職したため、20歳から24歳の4年間=48ヵ月分の保険料が未納となっている。

60歳から国民年金へ任意加入

60歳までに老齢基礎年金の受給資格を満たしていない場合や、40年の納付済期間がない場合には、年金額の増額を希望するときは、60歳以降でも国民年金に任意加入をすることができる。

日本年金機構HPより

つまり、年金が満額に達してないときは、60歳以降、年金保険料を支払うことで、年金を満額もらうことができるといわけです。

年金を増やすひとつの手段となりますので、早速手続きを行うことにしました。

任意加入手続き

手続きは、市役所の年金課で行うことができるため、今月2度目の市役所を訪れた。

手続きには、

  • 資格喪失証明書
  • 年金手帳
  • 通帳
  • お届け印

が必要となります。

資格喪失証明書は、会社からもらうものです。

資格喪失証明書とは、文字通り、退職により、社会保険、厚生年金保険の資格がなくなったことを証明するものです。これがないと、次の国民健康保険、国民保険などへの切替ができなくなります。

手続きに必要な書類を準備して、市役所の窓口で相談すると、処理としてもらえます。
申請書類への記入がありますが、職員さんが、丁寧に教えてくれるので、比較的簡単です。

いくら増える

満額納付月数 480ヶ月
納付済月 432ヶ月
不足月数 48ヶ月
追加費用784,320円

未納分は、48ヶ月=4年分で、784,320円となる。

未納分を納付することで、65歳から受け取れる年金は、年間77,930円アップすることになります。

784,320円➗77,930円=10年となり、損益分岐点は、75歳になります。

75歳以上長生きすれば、元が取れます。

まとめ

平成3年4月以前、つまり、29歳以上の方は、国民年金への加入が義務付けられていません。この期間が未納期間となりやすい。

65歳までの間、未納分を収めることで、年金を増やすことができるのです。

タイトルとURLをコピーしました