51歳サラリーマンが1億貯めて会社を辞めたそうだ

くりぃむしちゅーのハナタカで、とても興味深い情報を放送していました。

新築時に購入したマンション(3LDK90平米)に住んでいる坂口さん。

1億円貯まったので51歳で仕事を辞めたそうです。

なぜ、50歳でリタイアしたか

「50歳になった時80歳まであと30年しかないと思い、仕事している場合じゃない」と思ったそうだ。

50歳のとき、お金を使わないから、手元に1億円残っていた。

同感、「人間、いつ、死ぬかわからない。60歳になったあとも、仕事をしているときではない。」と思っていた。

なぜ、再雇用を選択せず、60歳で退職したか
世の中では、定年後、再雇用せず退職する人の割合は、15%ぐらいだと言われている。私の元会社では、ほぼ100%が再雇用を選択している。改めて、「なぜ、私は、60歳で退職したのか」を考えてみた。理由その1私には...

1億円を貯める計算式

1億円を貯めた計算式は、

(450万円ー120万円)×33年=1億890万円

となります。

ひと月、10万円で生活をする計算になります。

総務省が発表している一人暮らしの生活費の平均は、163,781円です。もし、10万円で生活できれば、国民年金+3万円で老後の生活は可能となるが、年金とバイトで生きていけるそう。

マンション費用はどうしたのか

1億円とは、別に4000万円マンションを所有している。マンション分を足算すると、1.5億円が溜まったことになる。これはずごい。

450万円×33年=1億4,850万円となり、ちょうど、1.5億円、生活費120万円を何か別の方法で生み出したことになります。4000万円の出どころが気になるますね。

もっと知りたいことはありますが、1億円貯めて、リタイアしたことは、事実で、間違いないのでしょう。

定年後の生活に参考になる考え方

「お金がなくても楽しいという考え方」

リタイア後の生活は、

  1. ボランティアをする。
  2. お金に執着せずに、お金がなくても楽しい。
  3. 死ぬ時お金が余ったら寄付をする。

追記

後で調べたら、坂口さんの本が2016年に出ていました。参考までに・・。

Amazon.co.jp: 1億円 会社辞めました
Amazon.co.jp: 1億円 会社辞めました
タイトルとURLをコピーしました